shimakyohsuke.com

話終わるまでマサカリ(を・が)投げられないイベント GRAND FRONTEND OSAKA 2016 に参加した。サイトのデザイン素敵。

登壇者のみなさん多分ラリホー使いなんでしょうね。眠気と戦いながらもなんとか覚えてる事だけ書きます。

得たキーワード

WP REST API で変わる WordPress のフロントエンド

バックエンドとフロントエンドを分離してサイトを構築できる。

  1. デザインして、
  2. HTML/CSS/JS 書いて、
  3. WordPress で API の準備して、
  4. 表示

みたいな。

React で SEO とか OGP が死ぬと言われてるが、以下使えば OK らしい。

元々 WordPress でサイト構築してて、PV すごいサイトとかならこういうサイト構築の方法が向いてるのかな。

60fps を実現できるレンダリングパフォーマンス

「60fps」ってキーワードなんか聞いたことあるーと思って聞いてた。

  • 主にデバイスは 1 秒間に 60 回リフレッシュしている
  • ピクセルパイプライン
  • CSS の will-change プロパティ初めて聞いた。

自分が知ってる Chrome Developer ツールと違ってた。
おれがよく使う Developer ツール大会とかしてほしい。。

Web サイトの解析をしてみよう

サイトを解析して改善した系のお話はよく聞くが、解析手法についてはこれまであまり話されていない印象があった。
結局そのあたりはケース・バイ・ケースなのでシェアしづらいのかな。
なので今回、解析サービスの話をいろいろ聞けてよかった。mixpanel 便利そう。

IndexedDB, Worker, Server-side Rendereing そしてフロントエンドの未来

終始わくわくするお話だった。
「フロントエンドの本質」あたりのスライドはなんか刺さった。
ただ、「フロントエンドが生成する DOM はクロールできない」これって Google さんデキルって思ってた。。

プログラミング言語Rust

今年もおのうえさんはおのうえさんだった。
おのうえさんはいつも自分の知らない話をしているはずなのになんかわかった気になるから不思議だ。
最後、質問してる方が多くてガチ勢多いなって思った。

「去年やった一番ツラかった業務を紹介させてください。」という内容で LT やらせてもらった。

寝坊して会場に着いたらお昼休みです。って言われてみんなでごはん食べてたらビール飲もうってなって LT やるみたいな流れを感じたので LT やりました。

内容は以下です。

※スライドを Bespoke.js で作成したのですが PDF 書き出し出来なくなってた。困った。。(出来次第更新します。)

感想

  • ハッカソン製作物発表で p5.js 使ってマイクから拾った音声をビジュアライズ化するやつおもしろかった。なにか可視化したい。
  • LT をいつでもできるようネタをストックしておかなければならないという謎の使命感を一部参加者から感じた。
  • 懇親会が終始 LT 大会だった。みんな発表するの好きだな。
  • にわタコ さんが実況ツイートしてくれてたおかげでブログ書くときありがたみを感じた。
  • 今年も尖ってた。

スタッフの皆様、ありがとうございました。